山崎誠政策研究所通信014号(20191129)

2019年11月29日(金)

政治の私物化を許さない「桜を見る会」徹底究明

野党の追及により問題点が明らかに

内閣総理大臣主催で毎年、新宿御苑にて開催されてきた「桜を見る会」ですが、安倍政権下で、支出額、参加者数が急増、2019年には支出額が5、519万円と予算の3倍にも膨れ上がり大赤字となりました。

当初、予算の増加はセキュリティー対策強化のため、参加者増も、より広く功労のあった方々、海外の要人などをお呼びするようになったからとの説明でしたが、SNSなどの情報を調べると、参加者の多くが安倍総理の地元の支援者、知り合いであることが発覚、安倍総理枠で千名の招待があったことを、政府も認めるところとなりました。

これまでの野党の追及により多くの問題が明らかとなりましたが、まとめると以下のようになります。

「桜を見る会」について、本来の招待ルールを無視して、総理・官邸・自民党枠としておよそ一万人が招待されており、後援会員・支援者を招くための会となっていました。これは税金を使った買収行為と言えるのではないか。

「桜を見る会」について、反社会的勢力(暴力団関係者、詐欺集団関係者など)やマルチまがい商法で大きな社会問題を引き起こしているジャパンライフの山口元会長が招待されていました。

 こうした人物の招待は「桜を見る会」の趣旨に反し、絶対に許されません。安倍政権がこうした問題のある人物と繋がっていること自体、大問題です。

山口元会長には、整理番号「60」が振られた総理枠と思われる招待状が届いており、この招待状を使って勧誘がおこなわれ詐欺被害が広がったという事実が明らかになっています。詐欺行為を助長する結果となったことも大問題です。

④ 安倍総理は前日夜に、高級ホテルで後援会・支援者を招いて宴会を開催していますが、通常一万円以上かかる宴会に対して、会費を五千円しか徴収していません

差額をどのように補填したかも不明のままです(補填したとするなら有権者の買収にあたります)。政治資金収支報告書にも一切の記述がないのも極めて不自然で、違法性が疑われます。

以上のような疑惑に対して、安倍総理と官邸は「桜を見る会」関連情報を一切開示しようとしません。

 例えば「桜を見る会」の参加者名簿の開示を求めていますが、紙のデータは野党議員の資料請求があった同日にシュレッターにかけて破棄したことが発覚、電子データについても上書き消去しているので提示できないとしています(しかしながら通常の消去の処理だけなら、データ回復が可能であることは一般的に知られており、政府の説明は全く不合理です)。どういう人物が何人参加したのか、個人情報を理由に一切具体的な説明をしません。

「桜を見る会」は政府の公式行事であり、参加者名簿は公文書として保管されるべきもの。破棄したというのは、不都合な事実を隠蔽しようとしているとしか考えようがありません。疑惑は深まるばかりです。

明らかになった公的行事、税金の私物化
民主主義の根幹を揺るがす安倍政権の隠蔽体質

『たかが「桜を見る会」の追及にどれだけ時間を使っているのだ』との批判を受けることもありますが、果たしてその程度の事件と考えて良いのでしょうか。

そもそも、安倍総理側がデータを隠し事実を明らかにしようとしないために時間が浪費されているのです。

公的行事である「桜を見る会」で支援者を接待するという前代未聞の税金を使った買収行為が疑われる。安倍総理なら何でも許されると言うことがあって良い訳がありません。

安倍総理を守るために、行政の劣化も著しくなっています。

いまこそ、徹底追及、安倍総理の退陣を求めて闘っていきます。

山崎誠政策研究所通信014号(20191129)

 

 

脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

衆議院議員 立憲民主党神奈川県第5区(戸塚区・瀬谷区・泉区)総支部長。

立憲民主党政務調査会副会長、エネルギー調査会事務局長。経済産業委員会、東日本大震災復興特別委員会委員。

環境・エネルギー・地方創生・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。

元横浜市会議員、日揮株式会社、株式会社熊谷組勤務。

山崎誠政策研究所代表、森びとプロジェクト委員会顧問、よりそいサポートネットワーク事務局長等

カレンダー

2020年12月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑