原子力発電所事故の避難区域、多くのペット、動物たちが置き去りにされています。遅すぎる緊急対策

2011年4月27日(水)

福島原子力発電所事故の避難区域に多くのペット、動物たちが置き去りにしています。これまで危険を冒しつつえさやりなどの世話を続けてきた方々がいらっしゃったことからかろうじて生きながらえた命。4月22日0:00から20km圏内が警戒区域に指定されたことにより、こうしたこともできなくなりました。

環境省は緊急災害時動物救援本部を獣医の皆さん、市民団体の皆さんと立ち上げているとのこと。飼い主によるペットの区域外への持ち帰り(一時帰宅時に実施)、警戒区域内での保護活動の実施、えさやりのための警戒区域内への立ち入りを求めているとのことですが、今のところ原子力災害対策本部からはどれも許可が下りていないとのこと。家畜に至っては、放置のまま餓死を待つのみ。(牛3千頭、豚3万頭)食肉として価値がないとの判断されているからとのこと。動物たちの命をどう考えているのか。多くの方々から救出の要請を受けています。

国際動物福祉基金IFAWの専門家から動物たちの救出の提案があり、担当部局に投げていますが、いまだアクションがありません。早急に対応するように再度依頼をかけています。何とかしなければなりません。

環境省への緊急依頼

脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

衆議院議員 立憲民主党神奈川県第5区(戸塚区・瀬谷区・泉区)総支部長。

立憲民主党政務調査会副会長、エネルギー調査会事務局長。経済産業委員会、東日本大震災復興特別委員会委員。

環境・エネルギー・地方創生・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。

元横浜市会議員、日揮株式会社、株式会社熊谷組勤務。

山崎誠政策研究所代表、森びとプロジェクト委員会顧問、よりそいサポートネットワーク事務局長等

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑